TOEIC・TOEFLをやってみよう!

TOEFLやTOEICを受験することは、英語の勉強をする上で大きな目標となります。社会人や学生の方にとって、TOEICの結果や、TOEFLの得点は大きな自信や資格にも繋がります。

最近では本屋に行けば参考書もたくさん出ているので、目標を持って英語を勉強していくといいでしょう。

社会経験がない場合のTOEIC勉強法

私自身が学生の頃にTOEICの試験を受けた事がありました。その時には、ビジネス関連の単語や内容が多く出され、社会人としての経験が無かった当時は難しく感じたのを思い出します。

それほど専門的な内容ばかりが出題される分けではありませんが、企業同士でどんなメールのやり取りが行われるのかなど、ビジネス関する事は学んでおくというのもひょっとするといいTOEIC勉強法なのかもしれません。

TOEIC勉強法と言えば英語だけの勉強を行うと思われるかもしれませんが、社会のバックグラウンドなどを日本語でもいいので、普段から学ぶ様にしておくと役立つ事もあるかもしれませんね。

また、問題集の中の日本語訳を正確に理解できるかという事は重要でしょう。

TOEICの試験

社会人として普段は会社勤めしている人が、仕事と両立してTOEICで高得点を取得しようと思えば、空いた時間をフル活用しないと難しいかもしれませんね。

残業が多い人などは自由に使える時間というのは限られていると思います。勉強できる時間と言えば、昼休憩の時間や朝の出勤するまでの時間、また帰宅後、そして休日という事になります。まとめて数時間ほど確保するのは難しい事もあるでしょう。

しかし、TOEICの試験までは時間をできるだけ多く確保する事も必要ではないかと思います。数日勉強すれば簡単にスコアアップできる試験ではないと思いますので、それなりに長い期間を要する事もあるかもしれません。

長期スパンで考えると、何度か受験する間に少しずつスキルアップできるかもしれませんね。

見やすいTOEICの参考書

本屋さんに行くと売られているTOEICの参考書の多くは、ページ数が多くかなりボリュームがある物が多い様に感じます。

参考書を見ると勉強するのが億劫に感じる事もあるかもしれません。できるだけレイアウトなども確認して、使いやすいと思う参考書を選びたいですね。

TOEICの試験までずっと勉強する事になりますので、途中で断念しない様に分かりやすく説明している物を選びましょう。

個人的に、最初に問題があって、最後にまとめて回答が掲載されている物より、問題のすぐ近くに回答や解説が書かれている物の方が使いやすい様に思います。

どんな参考書が使いやすいかという事は、人によって違うと思いますので、自分に合った物を選びましょう。

テスト対策も必要なTOEFL

TOEFLの意味をご存知でしょうか。

Test of English as a Foreign Languageの頭文字をとって、「トーフル」と呼ばれています。これは母国語が英語ではない外国人が英語圏の大学に留学をしたい場合の英語力の基準として設けられている試験です。

テストの内容としては、Listening(リスニング・聴く)、Reading(リーディング・読む)、writing(ライティング・書く)、Speaking(スピーキング・話す)の4つに分かれており、それぞれ総合的に点数がつけられます。

英語力そのものはもちろんですが、TOEFLのテスト対策も必要になります。効率的に学ぶには英語学校に通い、自分の弱点を克服していくとよいのではないでしょうか。

TOEICとTOEFLの違い

意外と知らない人も多いのではないでしょうか?TOEICは主に学生や社会人を対象に英語能力を大まかに測る指標としてよく採用されていますが、TOEFLはあまりなじみがないかもしれません。

これは留学など、海外を中心とした活動をする場合に英語を実際に活用することができるかの能力を問うものです。

最近、ビジネス英語、英会話が重要になってきました。会社によっては公用語を英語にするような会社も出てきました。

そんな会社にお勤めの方、就職希望者は今すぐ英会話を勉強すべきです。

TOEICで高得点を取得するためには

TOEICでなるべく高得点を取得するためには英単語を多く覚えておく必要があります。一般的に600得点では基本的な単語5000語、730得点では8000語、800得点を取得するには10000語をマスターすることが必要です。

ですので、得点をできるだけ伸ばすためには、英字新聞・雑誌を読んだりして生きた英語に慣れて英単語を数多くマスターする必要があります。

レベルが高くなるにつれて多くの単語が多彩に使われています。英単語をマスターするには、時間・気力・努力が必要になってきます。単語をマスターする場合、レベル別の教材を購入してそれを勉強するのも良いでしょう。

最新TOEICと英会話についての関連記事

ページトップに戻る