マイクロスコープの梱包について

マイクロスコープを輸送する場合にはそれなりに専用の梱包をしなればなりません。ではどういった梱包をした方がいいのでしょうか?実は梱包の方法も送付する国によって異なってきます。どうして異なってくるのかと言いますと、中国などでは生木を利用した梱包が禁止されています。

そのため他の国に出す時には生木を利用した梱包をしていたとしても、中国向けにその梱包を進めてしまうと通関で止められてしまうことになります。以前こういった規則を守らずに出荷して、木ごと燃やされてしまった人がいました。もし折角送付した荷物が燃やされてしまったら困るなんて話ではありません。

歯科医療においてマイクロスコープは影響力が大きいです

歯科医療は、確認出来ない程の、小さい場所を治療しなくてはいけませんので、今までは医師の経験や勘に頼り、治療をしていました。とても小さい場所を治療していくので、虫歯の削り残りや健康な歯の削りすぎなど、いろいろな問題が多い治療をしていました。

マイクロスコープが登場したことにより、今まで確認することが出来なかった、箇所をしっかりと確認することが出来るので、的確で正しい治療を行うことが可能になりました。歯科医療では、革命が起きたといっても過言ではない程の大きなインパクトを与えたマイクロスコープで多くの歯科医院で採用されています。

マイクロスコープを発注する場合注文書を忘れずに!

マイクロスコープを発注する場合にはまず見積書をもらわなければなりません。品物によってはかなり費用が変わってきますので自分が本当に欲しい仕様のものかをしっかり確認するためにも紙でもらっておいた方がいいでしょう。

その見積もりに対して注文書を発行します。下請け法で発注をする時には必ず注文書を発行することというのが義務づけられていますので、電話やメールだけでなくしっかり正式な注文書を流すようにしてください。最近ではこちらを怠っており、後から発覚し、監査で引っかかっている企業がとても多いです。納品書と一緒に請求書も来るのでそれに基づいて入金します。

マイクロスコープを国内輸送するなら

マイクロスコープを国内輸送についてどのようにしたらいいのでしょうか?そこまで小さな機械ではないのでヤマト運輸では送付することができません。ヤマト運輸は25㎏までという重量制限もありますし、サイズの制限もあります。

そのため、もし配送するとならば専用のチャーター便、もしくは混載便を依頼することになります。チャーター便はかなり高いのですが、他の荷物と一緒にではなくこの荷物のためだけに運んでくれるので時間指定もできますし、他の荷物とぶつかって壊れるということがありません。一方混載便はチャーター便に比べると安く抑えることができるのですが、時間指定をすることができません。

マイクロスコープの製造なら株式会社セルミック

〒525-0032
滋賀県草津市大路1-1-1 エルティくさつ 4階
TEL.077-516-4755

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町1-8-13 平野町八千代ビル5F
TEL.06-4708-4858

〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1-18-1

http://www.selmic.co.jp/

マイクロスコープの製造、販売。

マイクロスコープについての記事

ページトップに戻る