契約書の英語翻訳

いろんな分野の翻訳の仕事がある中で、契約書の英語翻訳だけを専門的に扱う人もいます。契約書の英語翻訳においては法律の知識が必要とされる事も多い様です。他の分野の翻訳と比較しても、少し堅苦しい感じがするのがこの分野の翻訳です。

自由自在に表現すると言う事はできないでしょう。というのも、間違って解釈されない様にしないといけません。しっかりと言葉を一つ一つ丁寧に選んでいかないといけません。そして、英語翻訳をするには法律に関する専門用語などについても知識が必要になってくる事もあります。

法律について学校で学んだ経験がある人やまたは、法律に関係する仕事をした経験がある人は英語翻訳の仕事をした時に役立つ事も多いのではないでしょうか。

ビジネス文章の英語翻訳

ビジネスに使われる文章の英語翻訳を行う事が多くなっている様です。文学作品などに比べると、その需要ははるかに多い様です。

その中でも特に依頼が多いのは書類やマニュアルなどに関する英語翻訳です。

翻訳家であればすべてを知っているという分けではありません。もちろん、最初の頃は分からない事が出てくる事も多い様です。

そんな状況になった時には自分で調べて、仕事を進めていく力が必要とされます。

もちろん、語学に関する事もそうですが、専門的な分野に関してすぐに理解できないという事も出てくるようです。

知識が必要な場合には、仕事に取り掛かる前に情報集めを行う所から始めないといけない事もあります。

英語翻訳と言う仕事の難しさ

昨今、英語の翻訳ソフトは多数出ています。しかし訳してくれるのはあくまで機械、文章がおかしい部分もあります。

そんな中、英語翻訳の仕事をしている方もいますが、そんな方々でも難しい部分はあります。たとえば、英語には必ずあるけれど日本語は主語がなくても伝わったり、訳すのが難しい日本語的な表現もあります。また日本語で多用されるようなトントン、シュッシュ、のような擬音も英語で表現するのは難しいです。

現代の日本は幼稚園のうちから英語を勉強するなど、数十年前に比べて英語に触れる機会が遥かに多くなりました。外国人観光客も増えた今、英語翻訳は誰でも始められ、そして永遠に役に立つものです。

英語翻訳はネットで出来る

英語翻訳は、ネットにて無料で翻訳することが出来ます。今では、英語を話せる方は、とても多く居ると思います。それは、授業でも多く取り入れられているからです。小学校でも、英語の授業がされていますし、海外の方が多く観光に来るので、英語を聞く機会が増えているので、英語が身近になり話せる日本人は多く居ます。しかし、まだまだ話せない人がほとんどです。

そんな方に、お勧めなのがネットです。ネットは、無料で英語翻訳することができますし、携帯電話からでも、使用することが出来るので、外出先でも使用することが出来るのでとても便利です。

英語翻訳は電子辞書からアプリへ

昔は電子辞書を使って英語翻訳をすることが多くありました。実際に英語を翻訳するため、高い機能を持っている辞書は役立つもので、多くの場面で利用されることになりました。しかし辞書を使うことが減ってきて、より利用しやすいサービスに移行しているのも事実です。

最近はアプリを利用することによって、タブレット端末などで英語翻訳ができるようになっています。

高い機能はそのままに、精度の高い英語翻訳を行ってくれて、すぐに表示できるようになります。辞書と違って様々な機能を持ってくれることから、最近は学校などでも導入を検討することが増えてきました。

「質の良い」英語翻訳のコツ

英語翻訳に限らず、どの翻訳作業にも言えることですが、最初に「字義通りの翻訳」を行うことが大切です。これが良い翻訳へとつながる出発点となります。

字義通りの翻訳、つまり下訳を完成した後、英語原文と見比べながら見直し、間違いがないことを確認します。次に、原文には目を触れずに下訳だけを読みます。この段階では英語を知らない読み手の視点から翻訳文を読んでいくことがコツで、不自然な言い回しやわかりにくい文言が目についたら、文脈から逸れない範囲内での校正や編集を施していきます。

この方法は原義を損なうことなく、読者にとって読みやすい自然な日本語訳を提供することができます。

重要な英語翻訳や中国語翻訳についての関連記事

ページトップに戻る