英語翻訳

ある専門分野について趣味として行う場合と、仕事として行っていく場合にはかなり異なる事もあります。それは英語翻訳の分野においても当てはまるのではないでしょうか。趣味として英語翻訳を行っている場合には、自分の好きな文章に訳す事ができます。表現方法などは自由でしょう。

しかし、顧客から依頼されて仕事をしてお金をもらって行う場合には、その様にはいきません。顧客が求めているレベルの文章が必要になりますし、顧客の要望をしっかりとふまえて文章を制作していかないといけません。

どちらがいいかは人によって異なりますが、仕事として行うと嫌になってしまう事もあるため、ずっと好きで趣味として楽しみたいという人もいるようですね。

英語翻訳できる能力

生物学を学ぼうとした時に、生物学の専門書などはドイツ語の物が多くあるでしょう。まだ日本語に翻訳されていないものもあるでしょう。ドイツ語が読めるのでしたら、たくさんの知識や情報に触れる機会はあるのです。

しかし、論文を読みたいとなると英語の知識は必須になるでしょう。その為、英語翻訳できる能力があると、よりたくさんのことが学ぶ機会ができるのです。

日本語に訳されたものだけだと、やはり学べる知識には限界があるでしょう。もっと世界を広げる為に、たくさんのことを学ぶ為にも、英語の知識はあると良いでしょう。

翻訳会社と英語翻訳、中国語

英語を訳した文に特有の言い回しってありますよね。「最も大きいもののひとつ」とか。こういう、訳した文から元の英文が想像できてしまうことを「透けて見える」と言います。

透けて見える表現は、英文に現れた語句を直訳してしまうことから生じます。それは翻訳に対するひとつの方法論ですが、良い文章、読みやすい文章にはなりません。

英語の文法を日本語に埋め込んでいるのですから、いびつになるのは仕方ないことでしょう。

英文を翻訳して良い文章をつくるには、簡潔さを追及するのが良いでしょう。簡潔さは良い文章のひとつの指標です。

直訳から、意味を崩さないように簡潔な文章に直すだけで、あなたの翻訳技術は一歩上達に近づきますよ。

ビジネス業界で必要な英語翻訳

海外との貿易はかなり盛んに行われていますが、その際に書類でのやり取りというのはマストになってきます。

ビジネスドキュメントの英語翻訳の依頼というのはかなり多く、文学作品などよりも多いそうです。

例えば、海外の商品お輸入する際には取り扱い説明書などを翻訳する事が求められるかと思います。1枚の書類から何百枚にもなる資料の英語翻訳まで幅広くいろんな仕事があります。

ただ英語翻訳を行うだけでなく、ネイティブが見た時にもその文章が、ごく自然なものであり、ビジネスの世界で使用するのにふさわしいかと言う事も問われます。

ですので、母国語においても非常に高い能力を必要とする事もあります。

英語翻訳での辞書の選び方

英語翻訳の場合、英文和訳では主に英和辞書を使いますが、なるべく多くの訳語が載っているものを選ぶのが良いでしょう。訳語の選択肢が多いほうが翻訳の参考になるからです。また、訳語だけでなく見出し語も多いものを選ぶ必要があります。信頼の置ける大きなものを中心に、あとは翻訳する文書の専門性に合わせたものを用意するとよいでしょう。

英語翻訳でも、特に和文英訳では、英語の正確な意味や用法を確認するには英英辞書を使用するのが適しています。こちらも、見出し語の多さ、語義や用例の多いものを選ぶのが良いでしょう。できればイギリスのものとアメリカのものをそれぞれ用意しておくのがベストです。

英語翻訳して文章を日本語に直す難しさ

英語翻訳は簡単そうに見えて、実際はとてもシビアでハードな仕事です。英語力に自信がある方でも、英語の文章を違和感なく日本語に直すのは大変な事です。特に米国や英国の方が執筆した文章だと、いわゆるお国柄特有の表現も散在します。

向こうではごく一般的に使われるジョークや例え話を、そのまま機械的に英語翻訳すると、日本語に置き換えた時、非常にキツイ表現になってしまい、読み手に誤解されます。英語翻訳の作業は出来れば、その道に精通した翻訳家にお任せしましょう。特に現地で生活していた経験がある、ネイティブな方々に依頼すれば違和感のない綺麗な日本語に変換してもらえます。

英語翻訳がしたいときは

英語翻訳がしたいときに、周辺に英語が話せる方が近くにいれば、便利でいいですがなかなかそういう場面はないと思います。そんな時に便利なのが、ネットです。ネットでは無料で、翻訳をすることが出来ます。

無料なので、一般的な英文にしか翻訳することが出来ないですが、誰でも利用することが出来ますし、携帯電話から利用することが出来るので、外出先で急に英語翻訳がしたくなっても、対応することが出来ます。

日本語から英語に翻訳することも出来るので、コミュニケーションを図る事も出来るので、とても便利です。ネットの場合は、多言語もいろいろ対応しているので、とてもお勧めです。

現代の英語翻訳の良い点と注意点

今ネットでも英語翻訳ができるようになっている時代なので、わざわざ英語辞典を手に取らなくても良い便利な世の中になっています。

長文でも英語翻訳が可能となっているサイトが存在するため、英語で長文を書かなければいけない場面でも大変重宝します。学生さんの英語の宿題にも役立つこと間違いなしです。

ただ日本語には同じ言葉でも意味が異なる言葉が複数存在しますので、該当する英単語を間違えて使用しないように注意することが必要です。その際にはよく説明文や正しい意味を確かめることが大事です。英語翻訳をすることで英単語の意味を理解する勉強にもなるでしょう。

手軽に英語翻訳が可能

輸入雑貨を購入したら説明書が英語で読めない、インターネットで知り合った英語圏の友達と連絡を取りたいなど、身近な場面で英語がわかればいいのにと思うときもあるでしょう。近年、英語翻訳の機能は目覚ましい進化を遂げています。

以前は文章を入力して変換ボタンを押すといった自動翻訳が主流でしたが、スマートフォンのカメラをかざすだけで日本語訳に変換してくれる英語翻訳の機能や、音声を認識して任意の言語で返してくれるといったアプリも登場しています。

手軽に英語の意味がわかるので、海外旅行や英語の勉強のサポートとして英語翻訳の機能を使うことができておすすめです。

専門家にまかせる英語翻訳

世界の共通言語とも呼ばれている英語ですが、すべてをマスターするのは大変です。最近では小学校でも英語の授業がありますが、英語が得意な人と苦手な人の差がはっきりと表れる授業でもあります。苦手なまま大人になってしまったら仕事で使わないといけない場合もあり、困ってしまいます。そのときに役立つのが翻訳会社に英語翻訳を頼むことです。

翻訳会社なら専門のスタッフもいるのでわかりやすい翻訳をしてくれますし、英語翻訳なら業務で取り扱っている翻訳会社も多いので気軽に依頼することができます。ネットなどで評判を調べてから利用することがおすすめです。

重要な英語翻訳や中国語翻訳についての関連記事

ページトップに戻る