中国語翻訳

近年の中国に向けた翻訳の状況につて記載します。過去は中国の方に日本語を理解していただくのが常でした。

しかし近年の中国語翻訳(広東、北京語)は状況が変わってきています。

日本から中国国内への仕事を求める必要があるためです。

結果的に、仕事上の契約において、中国語のビジネス文の契約を結ぶことが増えています。しかしながら、日本人の中で翻訳が可能な人はとても少ない状況です。

在日の中国の方に、中国語へのビジネス文の翻訳を委託しているのが実情です。今後、日本はますます、中国とのビジネスが増えていきます。

これからは、自らも中国語のビジネス文が書ける能力が求められてきています。

特許関連の中国語翻訳

特許取得のためには、難しい書類を記載する必要があります。自分だけでは手に負えないという事で、中国語翻訳のサービスを利用する事もある様ですね。中国語翻訳のサービスを利用すると、楽に内容を把握する事ができますので、すべて理解した上で進める事ができるでしょう。

特許関連の書類で困った時には、ぜひ中国語翻訳を利用したいですね。中国語翻訳の知識だけに優れている人ではなくて、特許関連の知識においても優れている人がいると助かりますね。中国語翻訳を利用する事によって、特許の取得が随分楽に感じられるかもしれませんね。また、ビザの申請などの際の書類などを翻訳してほしいなどという依頼も多い様です。

新卒採用の中国語翻訳

翻訳ほど経験がモノをいう仕事は他にないでしょう。

さすがに大作家の新作の翻訳を新卒採用の新人に任せるということは無いにしても、その人に英検1級合格などのある程度の能力保証の資格があり、なおかつ英語のみならず研ぎすまされた日本語の言語感覚が認められたならば新卒採用であってもどんどん小さな仕事を回してくれるようになる事でしょう。

これらの仕事を地道に積み重ねて結果を出すことが重要です。

そして仕事のクオリティへの評価が固まってくるに連れて、それが確たる信用となり、仕事内容的にもキャリア的にも次のステージへ進出できる可能性へと花開いていくはずです。

中国語翻訳でスピードになれるためのCD

中国語翻訳を勉強している人々の間で話題になりやすいテキストがあります。それは、CDが付いているテキストなのですが、中国語においてCDは英語よりも重宝するのです。その理由は日本人にとってはとても言葉のスピードが速く感じられるためです。

もちろん、中国人にとっては早口のスピードで話しているといった意識は無いのですが、抑揚が無いので聞き取りにくいのです。そこで、英語ではすっかりお馴染みになっているCD付きの参考書を中国語翻訳においても選べば何度も反復練習することが可能です。音声なので移動中などにも聞き流せるため耳が慣れやすいというメリットがあります。

中国語翻訳に対応するためのパソコン設定

中国語翻訳に対応するためには、パソコンの言語設定が必要です。中国語を表示するだけであれば、初期設定のままで問題ありませんが、入力するためには設定が必要です。日本で使うパソコンには英語と日本語はそのまま入力できるようになっていますが、中国語は日本語と異なる漢字であり、文字を入力する際にも中国語の音を表すピンインでの入力が必要となるからです。

Windowsパソコンであれば、設定はIME言語バーから言語設定画面へ行き、新たな言語を追加するメニューから、中国語を選択、追加することで簡単に設定できます。設定後は日本語と中国語の切り替えができるようになり、中国語翻訳に対応可能となります。

難しい広東語翻訳は中国語翻訳インスティチュート。特許、技術翻訳など。

重要な英語翻訳や中国語翻訳についての関連記事

ページトップに戻る