ライバルを見つけてTOEIC受験

自分一人だけで勉強していても何か本気になれない、という事はありませんか?

TOEICを受験したいと思っても、勉強に集中できない事も時にはありますよね。そんな時には、一緒にTOEICを受験するライバルを見つけてみてはどうでしょうか。

ライバルがいると負ける分けにはいかないので、つい夢中になってしまう事もあります。

勉強をしていない時でも、きっと今頃ライバルは必至に勉強しているのではないかと思うと、勉強せずにはいられない事もあるでしょう。

負けたら悔しいので、また次は勝てる様に頑張ろうと思う事でしょう。そうしている間に、お互いにいい影響を与える事ができ、スコアアップする事ができるでしょう。

就職に活かしたいTOEICテスト

自分の英語力を活かして仕事をしていきたいと考えている人であれば、TOEICテストを受験していると、就職活動の際に活かせるでしょう。面接をいきなり行うのではなくて、まずは書類選考が行われる事もあります。

TOEICテストを受験していると、スコアを記入する事ができます。その際にはできるだけスコアは高い方がより好ましいですね。

試験対策を行って試験を行い、スコアが届くまで時間がかかりますので、就職活動を行うよりも早く受験しておきたいですね。

直前に受験してしまうと、スコアの到着が間に合わなくなってしまいます。スケジュールの事まで考えて余裕を持って、とりかかるといいでしょう。

TOEICのリスニング問題への対策

TOEICではリスニングの問題も多く出題されます。そのためしっかり対策をしておかないとなかなか良いスコアは採れません。

それにはひたすら英語を聞くということが基本だということは誰でも知っているでしょうが、これに加えもう一つ方法があります。

それは音読をするということです。 音読によってリスニング力を上げるということは案外気づかないものですが、音読の速度がリスニング力と比例するという見方もあります。

読んでわからないものは聴いてもわかりません。その逆の発想をすると、聴くのと同じスピードで読んで分かるのであれば聴いても分かるということが考えられます。

そこで声に出して読んで、自分の声が耳に残り理解できるようになると徐々にリスニング力もアップしてくるといえます。

就職試験でも基準になるTOEIC

将来、英語を使う仕事に就きたいと思っている人はTOEICを受ける人が多いです。

TOEICは英語レベルを客観的に示す時に役立ちます。よって就職試験などでTOEICの点数を聞かれる場合もあります。中にはTOEIC○点以上という条件がある企業もあります。

ただ単に英語ができると言っても、日常会話レベルなのか、ビジネス会話ができるレベルなのか分かりづらいので、TOEICのように具体的な数字が合った方が伝わりやすいでしょう。

TOEIC試験に向けた参考書を選ぶ

TOEICの試験勉強をする人に向けて、たくさん参考書が作られています。

本屋さんに行くとTOEICに関連した参考書がズラリと置いてあるので買いに来た人は目移りしてしまうと思います。

あったら便利だなと思う参考書は価値観も考え方もそれぞれが違うので一概には言えませんが、最終的にはTOEICの試験を受験する時に解く問題をスムーズに解けるようにするためにあらゆる方向から傾向を知り、対策を知ることができる本をほとんどの人が求めていると言えます。

つまり、実用的で且つ分かりやすい解説がしてある本が一番人気であるということです。

英会話の勉強にかかせない辞書ですが、電子辞書がおすすめです。電子辞書は持ち運びにも便利で、使い方も簡単です。

すぐに調べたい言葉を調べる事もでき、非常に画期的な物です。

やり終えたいTOEICのテキスト

試験勉強となると、たくさんTOEICのテキストを買ってくる人もいる様ですね。やる気があって良い事かと思います。

しかし、あまりにもたくさんのテキストがあると、最後までできないという事も考えられます。幅広くいろんなテキストに手を出すのもいいですが、やはり1冊でも最後までやり終えるという事も大事な事ではないでしょうか。

また、一度だけでは、すべて頭の中に入らない事もあります。同じテキストを繰り返し行って、しっかりと頭の中に入れるというのもいいTOEICの勉強方法かもしれませんね。

買ってきたテキストをどの様に活用すれば、もっとも効果的に勉強する事ができるのかという事についても考えたいですね。

最新TOEICと英会話についての関連記事

ページトップに戻る