競争が激しくなる翻訳会社

近年では、非常に高い品質の文章を短期の間に納品し、なおかつ低価格で提供してくれるという顧客にとっては非常に便利なサービスを提供してくれる翻訳会社が増えている様に感じます。翻訳会社は、自社内で翻訳の作業をすべて行っている事もありますが、時として外注先としてフリーランスの人に業務の依頼を行ったりする事もある様ですね。

場合によっては時間がなく急いで翻訳会社を探し、短納期で仕事をしてくれる会社を見つけないといけない事も出てくるかもしれませんね。翻訳会社に対しては、費用や納期については最初に説明してもらう事ができるでしょう。

翻訳会社の間の競争というのは、非常に激しい様に感じます。

翻訳会社の納期を早めてもらうことができる

翻訳会社に仕事を依頼する時は、納期があります。納期は仕事の量や内容によって変わってきますが、それを早めてもらうことができます。すぐに訳さないといけない文書だったら、24時間以内に翻訳を終わらせてくれる会社もあります。

早めてもらう時は、料金が高くなるので、そのことをあらかじめ承知しておきましょう。現在は優れた翻訳ソフトが開発されているので、文書の量が多い仕事でも早く終わらせることができます。ソフトによる翻訳は正確ではないので、ソフトが訳した後に翻訳者がその内容をチェックして、正しい訳文を作っていきます。

翻訳会社で仕事をしたいときは求人を

翻訳会社は、色々な会社があり、日本翻訳連盟などに加入しているところも多くなっています。仕事をしたいと思っている場合は、加入している会社から選んでおけば安心できます。

実際に仕事をする場合には、高い翻訳力が必要となり、不足している場合は採用されないこともあります。そのため英語力がかなり重要になっていて、実際に翻訳会社の面接の際にどれくらいの力があるのかを見られることもあります。

翻訳会社の求人を見つけることによって、試験などの状況も把握することができるので、応募の前には多数の求人を比較するといいです。後は待遇などを踏まえて考えることになります。

翻訳会社で翻訳をしてもらうメリット

海外進出する企業や外資系の企業など、多言語を利用するところも多く、翻訳サービスの需要がなくなることはありません。今では、インターネットを利用すれば多くの言語の翻訳をする事ができますが、企業や大学など専門的なものになるとそれでは対応しかねる場合があります。翻訳会社を利用すれば、マニュアルや論文、取扱説明書や契約書、ホームページなどさまざまなものを翻訳してもらうことができます。

要望に応じて専門の分野の翻訳者が応じてくれたり、翻訳後の文章のリライトや校閲などまで行ってくれたりします。翻訳会社に依頼をすれば、翻訳の精度を上げることも可能になります。

専門用語に強い翻訳会社

翻訳会社というと外国語の翻訳をメインに行っているというイメージをしやすいですが、実際には外国語以外にも様々な専門分野の翻訳を行っています。

わかりやすいものでいえばプログラミング言語がその一つで、工場で扱われるマニュアルだったり製造の仕様書などを翻訳することもあるのです。では、なぜ外国語以外の専門言語に強いのかというと、専門言語ごとに専門スタッフがいるからです。英語ができる人、プログラミングができる人といったように、それぞれの専門分野が分かれていることで翻訳会社は幅広い対応を行っているのです。

翻訳会社によってどの専門分野に強いのかは異なるので、ネットなどでしっかり調べておくことが利用するうえで重要です。

翻訳会社に依頼するとどれくらいかかるの?

翻訳会社に依頼をすると、費用と時間はどれくらいかかってくるのでしょうか?

まずは費用ですが、何文字依頼するのか、どれくらいの品質を求めるのか、いつまでに納めなければならないのかという点によって大きく変わってきます。

また業者によっては何文字以上でないと受けることができないといった最低限度発注文字数をもうけている所もありますので、あまりに文字数が少ないようなら(基本は1000文字以下)、自社で翻訳することも考えた方がいいかもしれません。大体一番安い所で1字10円から15円が相場です。単純にこちらに文字数をかけたのが合計金額になります。

翻訳会社は現地スタッフが対応します

翻訳会社は訳したい言語があるとしたら、その言語の現地スタッフが対応しますので、とても正確に訳すことが出来ます。特に専門用語などが多い職業や、少しでも間違ってしまうと大変な仕事の場合は、現地スタッフの翻訳なら安心して利用することが出来ます。

現地スタッフなら、前後のニュアンスを読み取って翻訳することが出来るので、より細かい翻訳をすることが出来ます。

現在ではネットなどでも、無料で翻訳することが出来ますが、一般用語の翻訳しかできないので、あまり正確ではない場合があります。正確に翻訳したい場合は、翻訳会社を利用してください。

重要な英語翻訳や中国語翻訳についての関連記事

ページトップに戻る