翻訳と通訳

外国語を使う職業と言えば、翻訳や通訳が有名です。

臨床心理学について学んでいると、古今東西の優れた学者たちが書いた書物も参考にしたくなるものですが、臨床心理学はもともとの用語自体が難解であるため、辞書をひいただけではわからないことも多いと思われます。

たとえば漢字だらけの中国語で書かれた文章は、非常に読みにくいところもありますが、それをきちんと理解することが出来れば、これまでわからなかったたくさんの新たな発見があるかも知れません。

それを見逃すのはもったいないので、中国語がわからないからと言って途中であきらめることは避け、自分ひとりでは手におえなくなったら、翻訳の専門家を頼るようにしたいですね。

簡単になった翻訳

 昔は英文を読もうと思ったら重たい辞書をひたすら引きつつ読んでいくしかありませんでした。今では辞書も電子化され、メモ帳程度の大きさに何十冊という辞書を詰め込むことができます。

それだけでなく英文を自動的に和文に翻訳してくれたりするウェブ上のツールなども存在します。

しかし、専門的な文章、法律に関わる契約書などは翻訳会社に依頼することが今でも多いようです。言語は、英語、ドイツ語、韓国語、中国語などが多いようです。

重要な英語翻訳や中国語翻訳についての関連記事

ページトップに戻る